工藤静香


Shizuka Kudo 30th Anniversary Live “凛” LIVE DVD&Blu-ray 2017.12.20 RELEASE


Shizuka Kudo Tribute 企画ミニアルバム 2017.12.20 RELEASE


[ご購入はこちら]
[トレーラー映像をみる]


[詳細はこちら]


[詳細はこちら]

工藤静香の大ヒット曲をカバーした 人気声優勢揃いの豪華トリビュートが実現!

工藤静香ソロデビュー30周年を記念しての特別企画として、話題の男性声優7名参加によるトリビュートミニアルバムのリリースが決定しました!
工藤静香が初めてアニメソングのタイアップ曲として歌い、大ヒットとなった「Blue Velvet」(1997年・フジテレビ系アニメ『ドラゴンボールGT』の第3期エンディング・テーマソング)を梶裕貴が歌唱。他にも「抱いてくれたらいいのに」(1988年) を森久保祥太郎、「MUGO・ん…色っぽい」(1988年)を下野紘、「嵐の素顔」(1989年)を鈴村健一、「黄砂に吹かれて」(1989年)を梅原裕一郎、「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」(1992年)を谷山紀章、「激情」(1996年)を関智一と、工藤静香の大ヒット曲×人気声優のカバーという夢のコラボレーションが実現しています。

工藤静香ソロデビュー30周年記念 企画ミニアルバム
『Shizuka Kudo Tribute』
2017年12月20日(水)発売

PCCA.04601 / ¥2,315((本体)+税

参加声優

※ご紹介は工藤静香の楽曲の年代順です。

  • 森久保祥太郎(もりくぼしょうたろう)

    「抱いてくれたらいいのに」(1988年)
    コメント
    工藤静香さんと言えば、僕にとっては青春時代の「大人の女」の象徴!
    歌詞を見なくても覚えてる、そんな方の曲をカバーさせていただけるとは!
    中でも好きな曲を歌わせていただきました!気持ち良かった!
    <代表作品>
    MAJOR(茂野吾郎)/ NARUTO−ナルト−疾風伝(奈良シカマル)/弱虫ペダル(巻島裕介)/ うたの☆プリンスさまっ♪(寿嶺二)ほか

  • 下野紘(しものひろ)

    「MUGO・ん…色っぽい」(1988年)
    コメント
    まさか、公に工藤静香さんの曲を歌う日がくるとは思ってもいなかったので、 お話がきた時はビックリしました! 内気な女性になりきって楽しく歌わせていただきました!
    <代表作品>
    うたの☆プリンスさまっ♪(来栖翔)/ 進撃の巨人(コニー・スプリンガー)/ 弱虫ペダル NEWGENERATION(鏑木一差)/ ゲームシェイカーズ(ハドソン)ほか
  • 鈴村健一(すずむらけんいち)

    「嵐の素顔」(1989年)
    コメント
    姉が工藤静香さんが大好きで、部屋にポスターが貼ってありました。
    よく一緒に歌っていたので、工藤さんの楽曲かなり歌えます!
    今回は素敵なご縁を頂いて光栄です!
    <代表作品>
    宇宙戦艦ヤマト2202(島大介)/ おそ松さん(イヤミ)/ 銀魂(沖田総悟)/ うたの☆プリンスさまっ♪(聖川真斗)ほか

  • 梅原裕一郎(うめはらゆういちろう)

    「黄砂に吹かれて」(1989年)
    コメント
    今回お声がけ頂いて、名曲をカバーさせて頂くのは光栄でした。
    キャラクターソングではなく個人として歌うということで、緊張もしましたが楽しくレコーディングできました。
    是非聴いていただきたいです。
    <代表作品>
    美男高校地球防衛部LOVE!(由布院煙)/ 十二大戦(失井)/ クジラの子らは砂上に歌う(オウニ)/ マジきゅんっ!ルネッサンス(一条寺帝歌)ほか
  • 谷山紀章(たにやまきしょう)

    「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」(1992年)
    コメント
    あの時代、誰の耳にも心にも深い印象を残した歌詞とメロディーと歌声の、工藤静香さんの曲をまさか自分がカバーする日が来ようとは…
    めちゃくちゃに嬉し涙を流してしまいそうです。
    <代表作品>
    文豪ストレイドッグス(中原中也) / SHOW BY ROCK!!(クロウ)/ 幕末Rock(坂本龍馬)/ 黒子のバスケ(氷室辰也)/進撃の巨人(ジャン・キルシュタイン)ほか
  • 関智一(せきともかず)

    「激情」(1996年)
    コメント
    学生時代に直撃を受けた世代の僕にとっては 工藤静香さんの曲をカヴァー出来るなんて、正に夢の様なオファーでした。
    メンバーに入れていただいて、光栄の至り!
    とにかくアッという間の楽しいレコーディングでした!
    <代表作品>
    機動武闘伝Gガンダム(ドモン・カッシュ)/ ドラえもん(骨川スネ夫)/ PSYCHO‐PASS サイコパス(狡噛慎也)/ のだめカンタービレ(千秋真一)ほか
  • 梶裕貴(かじゆうき)

    「Blue Velvet」(1997年)
    コメント
    子供の頃に観ていたTVアニメのEDテーマでもあった楽曲「Blue Velvet」を、大人になった自分がこのような形で歌唱させていただいている事実に、ただただ感動しております。
    尊敬と感謝の気持ちを込めて、全力で歌わせていただきました。
    <代表作品>
    進撃の巨人 シリーズ(エレン・イェーガー)/ 七つの大罪 シリーズ(メリオダス)/ 僕のヒーローアカデミア(轟焦凍)/ 妖怪ウォッチ(フユニャン)/アオハライド(馬渕洸)ほか

<CD>

  • M1「抱いてくれたらいいのに」歌:森久保祥太郎
    M2「MUGO・ん…色っぽい」歌:下野紘
    M3「嵐の素顔」歌:鈴村健一
    M4「黄砂に吹かれて」歌:梅原裕一郎

  • M5「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」歌:谷山紀章
    M6「激情」歌:関智一
    M7「Blue Velvet」歌:梶裕貴

ポニーキャニオンショッピングクラブご利用方法はこちら]

緊急告知

《Shizuka Kudo Tribute 座談会》

<日 時> 
2018年1月10日(水) 19:00開場/19:30開演

<会 場> 
都内某所

<出演者> 
関智一、鈴村健一、谷山紀章、下野紘、他

<イベント参加方法>

12月20日(水)発売『Shizuka Kudo Tribute』(PCCA.4601)に封入されている「Shizuka Kudo Tribute座談会応募抽選券」記載の応募URLより必要事項を入力の上、ご応募ください。ご応募された方の中から抽選で約800名様をイベントにご招待致します。

■イベント応募受付期間:
2017年12月19日(火)0:00~2017年12月25日(月)23:59まで

当選者の方にのみ、12月27日(水)夕方を目安に整理番号入の当選メールを送付させていただきます。

当日受付で本人確認のため、

① 当選メール
② 顔写真入りの身分証明書
③ CDに封入されている「Shizuka Kudo Tribute座談会応募抽選券」
を確認させていただきますので必ずご持参ください。

※当選発表は当選メールの送付をもって代えさせていただきます。落選メールの送付はございません。
※当落に関するお問い合わせは、一切受け付けておりません。
※当選メール1通につきご当選者本人1名様のみがご参加いただけます。ご家族・ご友人の代理参加はできませんのでご注意ください。
※当選メールに記載の集合時間より整理番号順に整列開始いたします。集合時間にお越しになれなかった場合は、最後尾からのご入場とさせていただきます。また、ご友人と一緒に入場希望の場合は大きい数字に合わせていただき、お並びください。
※顔写真付き身分証明書
例)
パスポート、運転免許証、顔写真付学生証(住所が記載されたもの。氏名は手書きでも可)、 顔写真付き住民基本台帳カード(住基カード)、障害者手帳 、在留カード または 外国人登録証明書

【基本注意事項】
※当日の状況によってはイベントの内容を予告なく変更させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※イベント出演者は都合により変更になる可能性もございます。予めご了承ください。
※ご購入いただいたCDのご返品はお受けできません。商品の不良があった場合、返金ではなく良品との交換となります。
※当日会場は、大勢のお客様にご参加いただくため混雑が予想されます。スタッフからの指示にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
※限られたスペース内でのイベントですので、場所によっては観づらい場合もございます。あらかじめご了承ください。また、スタッフがご移動をお願いした場合はご協力ください。
※車いすやご事情のあるお客様は、あらかじめスタッフにご相談ください。
※座席以外の場所での、座り込んでのご鑑賞はご遠慮いただいております。
※天候やトラブルやアーティストの都合により、やむをえず中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※開催時間は若干前後する可能性がございます。
※イベント中、スタッフがお客様の身体や荷物などに触れて誘導する場合がございます。このことをご了承いただけるお客様のみイベントへご参加ください。
※会場内外で発生した事故・盗難等は主催者・会場・出演者は一切責任を負いません。貴重品は各自で管理してください。
※当選メール、参加券の再発行は、紛失、盗難等いかなる理由があろうともいたしませんのでご注意ください。
※当選メール、参加券の売買は禁止いたします。また、偽造・複製等の不正は犯罪ですので、発覚した場合はイベントへの参加をお断りするとともに警察に通報いたします。
※会場内での飲食・喫煙は禁止となっております。喫煙は所定の喫煙エリアをご利用ください。また、ゴミは各自お持ち帰りください。
※会場までの交通費・宿泊費等はお客様ご自身のご負担となります。万が一、イベントが中止になった場合も条件は変わりません。
※当日の体調・健康管理は各自でおこなってください。体調不良の方がおられましたら、すぐにスタッフまでご連絡ください。
※当日の事故・混乱防止のため、イベントでは様々な制限を設けさせていただく場合がございますので、その際はご了承ください。
※イベントの安全な運営のため、イベントに参加するにふさわしくないと主催者側が判断した場合、特定のお客様にご参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。
※取材用撮影が入る場合、お客様が映り込む可能性がございます。撮影内容はTV・新聞・インターネット等に掲載される場合がございますので、あらかじめご了承ください。

以上の注意事項を守っていただけないお客様、係員の指示に従っていただけないお客様は、会場よりご退場いただきます。
会場にいらした皆様が楽しめるイベントにするため、各自でルールとマナーを厳守していただきますよう、ご理解・ご協力をお願いいたします。

<ご応募に関するお問い合わせ先> ポニーキャニオン  03-5521-8000 (平日11:00〜17:00)

※上記お問い合わせ先以外へのお問い合わせはご遠慮願います。
※イベント当日のお問い合わせにはお答えしかねる場合がございます。
※当落に関するお問い合わせは、一切受け付けておりません。

30周年を記念した“完全”オリジナルアルバム「凛」リリース、東名阪Zepp Tour開催!

1987年8月31日に「禁断のテレパシー」でソロデビューし、今年ソロデビュー30周年を迎える工藤静香ですが、30周年を記念した“完全”オリジナルアルバムを8月30日にリリースいたします。オリジナルアルバムは2005年6月1日リリースの「月影」から12年ぶりとなり、アルバム「凛」は、本人が「応援してきてくれた人たちへの感謝の気持ちを示すためにも、全てゼロから作った曲で構成したかった」と語る通り、既発曲は収録せずに、このアルバムのために書き下ろした楽曲のみを収録した“完全”オリジナルアルバムとなります。
アルバムでは、玉置浩二さん、松本孝弘さん、岸谷香さんなど素敵なアーティストや作家の皆様から楽曲提供をいただき、30周年の集大成となる作品が完成いたしました。
また、9月には「Shizuka Kudo 30th Anniversary Live 凛」と題して、東名阪Zepp Tourを予定しており、精力的に30周年を駆け抜けます。
ライブでは、30周年を記念して、大ヒットナンバーから最新アルバムまでたっぷりと披露する予定です。

オリジナルアルバム
『凛』
2017年8月30日(水)発売

  • 初回盤

    【CD+2DVD】PCCA-04557 / ¥4,630(本体)+税
  • 通常盤

    【CD Only】PCCA-04558 / ¥2,315(本体)+税

<CD> 初回盤、通常盤共通

  • 01. 鋼の森
    作詞 : 愛絵理 作曲 : kōki, 編曲 : 澤近泰輔

    02. かすみ草
    作詞 : 愛絵理 作曲 : kōki, 編曲 : 澤近泰輔

    03. 蜜と棘
    作詞 : 伊集院静 作曲 : 松本孝弘 編曲 : YUKIHIDE“YT”TAKIYAMA

    04. Junk
    作詞:岸谷香, 木村ウニ 作曲 : 岸谷香 編曲 : Naoki Itai

    05. ほとり
    作詞 : 松井五郎 作曲 : 玉置浩二 編曲 : 松浦晃久

  • 06. 禁忌と月明かり
    作詞 : まふまふ 作曲 : まふまふ 編曲 : 三矢禅晃, まふまふ

    07. 針
    作詞 : 吉田山田 作曲 : 吉田山田 編曲 : 涌井啓一

    08. どうせなら
    作詞 : 澤近立景 作曲 : 澤近立景 編曲 : 松浦晃久

    09. Time after time
    作詞 : 松井五郎 作曲 : kōki, 編曲 : 澤近泰輔

<特典映像DVD:工藤静香ミュージック・ビデオ集> 初回盤のみ

■DVD DISC.1

01. メタモルフォーゼ 02. Again 03. ぼやぼやできない 04. Please 05. めちゃくちゃに泣いてしまいたい 06. 千流の雫
07. うらはら 08. 声を聴かせて 09. 慟哭 10. わたしはナイフ  11. あなたしかいないでしょ 12. Blue Rose 13. Jaguar Line
14. naked love  15. 夢 16. Ice Rain 17. Moon Water 18. さぎ草 19. 7

■DVD DISC.2

01. 蝶 02. 優 03. 激情 04. Blue Velvet 05. カーマスートラの伝説 06. 雪・月・花 07. きらら 08. 一瞬 09. Blue Zone
10. Lotus〜生まれし花〜 11. 心のチカラ 12. Clavis-鍵- 13. 雨夜の月に 14. NIGHT WING 15. 雪傘
Special Movie(新曲ミュージック・ビデオ収録)
01. 鋼の森 02. かすみ草 03. 禁忌と月明かり

Shizuka Kudo 30th Anniversary Live 凛リハーサル見学招待キャンペーン

8/30発売 工藤静香「凛」(初回盤、通常盤)の初回生産分に封入されている応募券にてご応募いただいたお客様の中から抽選で、9/16から開催される「Shizuka Kudo 30th Anniversary Live 凛」ライブ当日のリハーサル見学へ抽選で各会場30名様をご招待いたします。
商品に封入している応募券には“15名様”との記載がございますが、30名様を当選させていただきますので、ご了承ください。

<対象商品>

2017年8月30日発売 工藤静香「凛」全2形態

初回盤(CD+2DVD) PCCA.04557 ¥4,630+税
通常盤(CD Only) PCCA.04558 ¥2,315+税

<応募方法>

上記対象商品(初回生産分)に封入の応募券に記載の専用サイトURLへアクセスいただき、シリアルナンバーとご応募に関する必要事項を登録のうえご応募ください。
ご応募いただいたお客様の中から抽選で各会場30名様を「Shizuka Kudo 30th Anniversary Live 凛」リハーサル見学へご招待いたします。
※応募券に記載のシリアルナンバーで1回抽選にご応募いただけます。
商品に封入している応募券には“15名様”との記載がございますが、30名様を当選させていただきますので、ご了承ください。

<応募期間>

2017年8月29日(火)~2017年9月4日(月)23:59

※「リハーサル見学ご招待」についてはご当選者様のみ有効となります。ご当選権利の譲渡・転売等の行為は禁止いたします。
※1応募につきご希望の会場ひとつをご指定いただけます。
※応募券に記載のシリアルナンバーで1回抽選にご応募いただけます。
※ご当選者には当選メールの発送をもって、発表に代えさせていただきます。落選メールの送付はありません。
※当落に関するお問い合わせは一切受け付けておりません。
※「リハーサル見学ご招待」のご当選者様の参加方法については当選メールにてご案内いたします。
※当選メールは9/8(金)配信予定となります。
※会場までの交通費、宿泊費等の諸費用の一切は、ご当選者様のご負担となります。
※応募や当選等の状況に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。
※リハーサルの見学は15分程度を予定しており、握手会などの予定はございませんのでご了承ください。

<Shizuka Kudo 30th Anniversary Live 凛スケジュール>

9月16日(土) Zepp DiverCity (Tokyo)

9月18日(月・祝) Zepp Nagoya

9月23日(土・祝) Zepp Namba

※リハーサル見学ご招待は各会場開場2時間前に集合予定となります。
※当選メールに記載の参加方法をご確認のうえご参加ください。

ポニーキャニオンショッピングクラブご利用方法はこちら]

INTERVIEW

「やっぱりロックが好きなんですよね」――工藤静香は人懐っこい笑顔で、30周年記念オリジナルアルバム『凛』について、そう語り始めた。1987年8月31日にシングル「禁断のテレパシー」でソロデビューし、今年で30周年。それは歌謡曲の中にロックのリズム強さ、骨太さを、自然と違和感なく融合させ、エモーショナルと柔らかさを併せ持つ歌とが作り出す、“工藤静香ポップス”の歴史でもある。「抱いてくれたいいのに」(1988年)に代表される、“ロッカバラード”も彼女の代名詞のひとつでもある。しかし30周年の節目にリリースするアルバムは、そんな「抱いてくれたらいいのに」などのヒット曲が入ったベストアルバムではない。確かにこれまでの節目節目でベストアルバムを発売してきたが、30周年のこのタイミングで、2005年の『月影』以来12年ぶりのオリジナルアルバムを出す事にこだわった。「2年位前から30周年の時には、絶対にオリジナルアルバムを出すと決めていました。応援してくれた人たちへの感謝の気持ちを示すためにも、全てゼロから作った曲で構成したかった」。それは工藤を応援し続けてくれている、ファンへの語りつくせない感謝の気持ちの表れであり、30年間歌い続けてきたシンガーとしてのプライド、自信でもある。そしてこれからも“凛”としてロックを歌い続けていくという決意表明である。

『凛』のトピックスは何といっても、豪華作家陣と、新しい才能との競演だろう。全編で激しいギターが響き渡る「密と棘」は、作詞伊集院静、作曲松本孝弘(B’z)という強力タッグが作り上げた大人の薫りがするロック。「20年位前に松本さんに「いつか曲を書いてくださいね」ってお願いをして、ようやく実現しました」と本人が語るように、松本との“20年越の約束”が実現した。工藤は松本にひと言「ガッツリ男っぽいロックをお願いします」とリクエストした。それに応え、日本を代表するギタリストが、ロックを愛するシンガーのために書いたハードなナンバーに、作家・伊集院静が色気と艶のあるロックな歌詞を、今回初めて工藤に贈った。

工藤が「大好き!」という「Junk」は、親友の岸谷香が作詞・作曲を手がけ、作詞には個性派アーティスト・木村ウニの名前もクレジットされている。生きづらい社会に向けたシニカルをメッセージを、3分を切る短い時間の中でシャウトするように歌う、切れ味鋭いロックは“潔い”。「どうせなら」もヘビィなギターが唸りをあがるロックナンバー。ギタリスト澤近立景が提供したカッコ良さが際立っている一曲。

ジャジーなオープニングの「ほとり」は、玉置浩二が曲を提供し、工藤の作品もこれまで数多く手がけてきている松井五郎が作詞を手がけた。「松井さんが詞を書く玉置さんの曲も歌いたいって思って。二人の曲を女性が歌ったらどうなるか聴きたかった」。言葉数が少なく、さらに<そこへ><ここへ><どこへ>など、行き先が見えない中を、行間を漂うように歌う工藤の表現力は圧巻だ。

大物アーティストの参加も話題だが、若手作家が紡ぐポップスも新鮮で美しい。オープニングナンバーの、これから先に向けての工藤の決意表明にも思える「鋼の森」、ノスタルジーを感じさせてくれ、優しさの中に強さが見える「かすみ草」、ラストナンバーの強いバラード「Time after time」を手がけた、新進作家kōki,は、“工藤静香ポップス”をしっかり感じさせてくれながら、斬新さを加えこれまで工藤が歌ってこなかった、新しいタイプの楽曲を作り上げ、工藤の新しい一面を引き出している。「禁忌と月明かり」を手がけたまふまふもそうだ。「彼に全てお任せしました。これまでにはない感覚の作品で、今までは盛り上がるところは、外に向けて気持ちを解き放つ感じのものが多かったのですが、この曲は気持ちを心の奥に秘めるんです。感動しました」。工藤の言葉通り、聴き手の想像をより掻き立てる歌詞と曲の構成は、これまでの工藤作品にはない空気感を醸し出している。まふまふの世界観と工藤の世界観とが化学反応を起こしている。

男性デュオ吉田山田が提供した「針」は、工藤も「哀しさだけではなく、そこに思いやりを感じる」という、二人の優しさがそのまま曲に滲み出ているような、どこまでも切ないバラード。

このように、こだわるところはこだわり、でも新しいものを積極的に受け入れ、それによって、まだ自分が見ていない引き出しを開ける事ができ、そこにあるまだ気づいていなかった才能を見つけた。その喜びがこのアルバムには溢れている。そしてここからまた歌い続けていくという自信を手に入れた事を、ファンに報告しているように感じる。工藤は30年間、色々あったが、歌い続けてきて本当に良かったという。「何があってもとにかく時は進むじゃないですか。だから動いても、もがいてもダメな時はダメだし、もがけばもがくほど、底なし沼に沈んでいくような事を感じた事もあった。でもそこで、沈んで暗くなるのではなく、必ず先があると思うだけで、何か物事って違って見えるんじゃないかなって」。30年間第一線で歌ってきて、今思う事というのは、やはり説得力があるし、こういう強い気持ちがなければ、激動の音楽業界では生き残れないという事だろう。激しい波に、時には翻弄されながらも、でもファンを味方につけ、一体化しいい波に変え、歌い続けてきた。「Time after time」の最後の一節で、工藤はどうしてもこのアルバムを終わりたかったという。<深くあたたかいこの希い>――工藤が自分を応援してくれている全ての人に贈るメッセージだ。
田中久勝

TOUR

Shizuka Kudo 30th Anniversary Live 凛

  • 9.16(土)Zepp DiverCity (Tokyo)
    [開場]17:30 /[開演]18:00 [問]キョードー東京 0570-550-799
  • 9.18(月・祝)Zepp Nagoya
    [開場]16:30 /[開演]17:00 [問]サンデーフォークプロモーション名古屋 052-320-9100
  • 9.23(土・祝)Zepp Namba
    [開場]16:30 /[開演]17:00 [問]キョードー大阪 0570-200-888(月〜日 / 10:00〜18:00)

[チケット料金]全席指定 7,560円 (税込)

※1ドリンク代 入場時別途必要
※枚数制限(先行):お一人様1公演につき4枚まで
(複数公演申込み可)

<衣装協力>